Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

歯のおはなし

大阪市城東区にある佐伯歯科医院です。
歯のことならなんでもご相談下さい!

06-6933-0205
大阪市城東区中央1-2-23京橋ハイツ112
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
お口のにおいが気になる!
食べ物や、お酒、たばこなど口にしたものが
原因である口臭は誰にでもあります。
また、睡眠中は唾液の分泌が低下しているので
夜寝る前に歯磨きをしても寝起きに口臭があることがあります。
これらは一過性のものなので
歯磨きや消臭系のガムなどでおさまるものです。
内臓系の病気が原因で口臭が発生することもありますが、
やはり口臭の最大の原因は
虫歯・歯肉炎や歯槽膿漏など歯周病といった歯科の問題なのです。


それでは自分でできる口臭チェックをしてみましょう

check.1:コップに息を吹き込む

コップなどを使い自分の息を吹き込み嗅いでみる。
歯磨きや物を食べる前の朝一番にチェックすると生理的口臭がわかります。
自分で口臭を感じるようであれば、
歯科医など受診してみるのが一般的とされています。


check.2:舌の表面の舌苔(ぜったい)をチェック

舌の表面を見ると白かったり黄色かったり色がついていることがあります。
これを舌苔といって口臭の大きな原因です。
ティッシュペーパーや布などで拭き取って匂いをチェックします。
悪臭を感じる場合は、強い口臭を発していると考えられます。


check.3:口臭判定器を使う

息を吹きかけると悪臭成分メチルメルカプタンをセンサーでとらえ
口臭の程度を表示する測定器が市販されています。
自分の鼻が信用できない!という人はこういった機械を使うのも良いでしょう。



口臭防止!合い言葉は3・3・3楽しい

やはり大切なのは、歯周病などの原因になる
細菌の活動を活発にさせないために、
口の中に食べ物などの栄養分を残さないよう
しっかり歯磨きをするということです。
食べたら磨く!食後3分が経ってしまうと細菌の活動は活発になります。
ですから、3分以内に3分間のブラッシングを
3度の食事ごとにする「3・3・3」が基本
です。
朝の歯磨き時には、
舌もやわらかめの歯ブラシで優しく掃除するとよいでしょう。
また毎日歯磨きをしていても歯と歯肉のすきまや歯並びの悪いところは
歯垢が溜まりやすいので、少なくとも1年1回は歯科医での検診がおすすめです。

Posted by 佐伯歯科医院
口臭予防 / 10:28 / comments(0) / trackbacks(3)